婚活・子作り・独立・親のこと、みんな悩みをどう解決した?

みんな悩んでいる!30代

みんな悩みをどう解決した?

30代って実は楽しい!

30代で輝く女性たち

みんな悩みをどう解決した?

「みんな悩んでいる!30代」で、4つの悩みがでてきましたが、悩みはつきないものですよね。
どんどん悩みがさらに増えていくと、体調を崩したり、肌も荒れたりと、とても悪循環です。
簡単に解決できる悩みはないかもしれませんが、同じ悩みをもった経験者の解決法をみてみましょう。
先程の4つ「婚活」・「子作り」・「独立」・「親の問題」の解決方法になります。

どんな解決方法があるのでしょうか?

婚活の注意点

37歳Aです! 婚活の悩み、私の解決策?!お伝えします。

「婚活、めちゃくちゃ頑張っているのに一向に運命の人に出会えないわ!どうして!?」
おっと! 気持ちは十分すぎるほど分かりますが、ちょっと落ち着いてくださいませ。
同じく結婚にたどり着くために色々と努力してきた私がこれから婚活の注意点についてお話をしていきますから!
焦りは禁物、ゆったりとした気持ちでこれから私がお話することに耳を傾けてくださいね。
あ、ちなみに私もまだ、運命の相手にはまだ巡り合えておりません・・・。
でも実際に経験してきた婚活により培った知識や心構えは、きっと結婚についてお悩みのアラサー・アラフォー女性のお役に立てると思いますよ。

子作り成功するには

30代Bです。 子作りの悩みについて一緒に考えていきたいと思います。

「こうのとりさんはいつ私のところに来てくれるのかな?」
子作りを頑張っている夫婦にとって、妊娠ほど待ち遠しいものはないですよね! 
私も結婚してからずっと赤ちゃんが欲しくて毎月トライしているのですが、なかなかいい結果に結びつきません。
生理がくるたびに悲しくて、ひどいときには旦那にあたってしまうことも・・・。
でも、最近コレじゃダメだと思い直して、子作り成功に向けて取り組んでいることがあるんですよ。
そのことについて今から皆さんにお話していきますね。
一緒に、『妊活』頑張っていきませんか?

開業独立の成功例

38歳Cです! 独立の悩みをお持ちの方いますか?
「独立して自分の店を持ちたい!」良いですね! 
私もまさに今、独立に向け頑張っている一人です。だいぶ考えもまとまってきていて、あとは実行に移すときを待つばかり、といったところ。(まぁ、あと2年くらいはかかりそうなんですけどね)
独立に踏み出す前に聞きたい話といったら、やはり成功例ですよね!というわけで、今から開業独立の成功例について知人の話を中心に紹介していきたいと思います。
私の訪問看護ステーションを設立するという夢についても詳しくお話させてもらっています。
30代のうちに、夢を実現させるぞ!

親とは少しでも距離のある生活を

35歳Dです。宜しくお願いします。私は親の悩みとどう向き合うかの試みをお話しします。

「今まで自分を育ててくれた親が年老いたとき、介護するのは当然のことだ」
という思いにつぶされそうになっている心優しい皆さん、すこし気持ちを軽くしていかれませんか?
私も皆さんと同じく、親の介護問題に直面しているところです。
介護って、思っていたよりずっと大変ですよね。体力はいるし、心配事も尽きないし。介護にかかる費用も無視できるような額ではありませんからね。
私は自分がストレスを溜め込まないようにするためにも、親とはある程度距離を置いて生活しています。
どのような感じで親と接しているか、私のケースですが、聞いていただければと思います。

おすすめ記事ピックアップ

38歳Cさん、独立の悩み今さら結婚する気なんてさらさら無いCさんが抱いている夢…それは自分の理想とする訪問看護ステーションを作ること! 独立成功を果たすためCさんは日々頑張っていますが、資金の問題や周囲からの反対の声が行く手を阻みます。さぁCさんは夢の実現に向け、これからどうしていくのでしょう?

親とは少しでも距離のある生活を親の介護問題に直面している方、自分一人で悩みを抱え込んでいませんか? ここでは、同じく親の事で悩んでいる30代女性が、親子として良い関係を保ちながら介護していくための秘訣をお伝えしています。デイサービスやショートステイなど、公的支援サービスに頼る方法も紹介中です。あなたの悩みが軽くなるヒントを、ここで見つけてみませんか?

まだ体力はあります!30代女性の体力を甘く見るべからず!特に、子育て世代の女性は体力なしではやっていけないので、皆さんが思っている以上にたくましいんですよ! 趣味を楽しむ体力だってもちろんありますし、転職するパワーもみなぎっています。そんな30代女性の力強い一面をぜひご覧あれ。

助産師になりました!過去に外科での看護経験しか積んでこなかった32歳のナースが、産婦人科への部署移動をきっかけに助産師になることを一大決心します。なぜ彼女は大変な想いをしてまで、助産師を目指すことにしたのでしょう?そして30歳過ぎてからの挑戦は無事成功するのでしょうか?気になる彼女の奮闘振り、一緒に見ていくことにしましょう。