理想の訪問看護ステーションを作るんだ!38歳Cさん、独立の悩み

みんな悩んでいる!30代

みんな悩みをどう解決した?

30代って実は楽しい!

30代で輝く女性たち

38歳Cさん、独立の悩み

38歳Cさん、独立の悩み

結婚がないなら夢を成功させたい

私は38歳Cさん、独立の悩みを抱えている者です。
結婚ですか? してないですよ。なんなら生涯独身を貫き通す覚悟でいますからね。むしろ今から誰かと結婚して、ともに生活することの方が私にとっては苦痛かも。そんなことより、仕事で独立したいという気持ちの方がずっとずっと大きいです。
実は私、看護師なんです。仕事にはそれなりにやりがいを持って取り組んでいるんですけど、5年位前からかなぁ? まだ体が万全な状態にまで回復していない患者さんが退院されていくのを見送るとき、ツライと感じるようになってきたんです。
「○○さん家に帰っても一人なのに、あの身体でどうやって生活していくんだろう?」と考えてしまうようになってしまったから。
そこで私、訪問看護ステーションをオープンさせて地域の方々の力になろうと思うようになったんです。結婚していない分、身軽に立ち回れますからね。絶対、独立の夢を叶えますよ!

夢の開店、資金の問題

今までずっと看護師として働いてきたので、ある程度の貯金はあります。といっても、夢の開店に踏み切るためにはまだまだ資金が足りません。なんとか資金調達できたとしても、訪問看護ステーションが完成したところですぐ軌道に乗れるとは限りませんしね。人材がしっかりと確保できるかどうかもまだ分かりません。あぁ、悩みは尽きませんね。でも!このまま今の病院で仕事を続けていくなんてことはありえません。私の気持ちは「独立」に向けてまっすぐですから!
とにかく今は、どこでお金を借りれば少しでも利子が少なくなるか、どこに事業所を設ければ利便性が高いか、など事前調査を万全にしていこうと思います。あと、最近友達の一人がカフェをオープンさせたので、彼女にも色々話を聞いてみることにします。やることは違っても、独立という意味では同じだからきっと色んなことが見えてくるはずですしね! 問題を一つ一つクリアにしていけるよう、頑張ります。

周囲の無理解

いくら自分が夢に向かって前向きに取り組んでいても、周りからは「独立なんてリスクの高いことしないほうがいいって!」「今の職場のお給料って、結構いいんでしょう?辞めるなんてもったいない!」なんてことを言われてしまいます。
「独立はリスクが高い?」 知ってますとも。
「お給料がいい?」 確かにいいけど、仕事における満足感は得られてませんから。
と思わず言い返したくなるのですが、みんな私の将来を懸念してアドバイスしてくれているので、「ありがとうね」と一言だけ返して終わっています。
自分の夢ですから、周りがなんと言おうと関係ないのですが、やっぱり周囲から応援されるのとされないのとではモチベーション的にかなり違ってきます。誰か、私の事本気で応援してくれる人が現れないかな?

『38歳Cさんへ
独立の悩み、しかと聞きました。結婚だけが女の人生じゃないと思います。いろんな人がいて社会ですし、Cさんのように地域の福祉に本気で取り組む人、ありがたい存在です!
でも、夢っておかねもかかりますよね。生活もしていかなきゃいけないし、自分が経営するとなれば、抱えるものが増えていきますし。周囲からほめられるのはきっと成功したときなんですよね。それまではキツイことも言われるかもしれませんが、絶対に「欲頑張ったね」って言わせてやってください。
Cさんは昔からガッツがあるから、私、Cさんが本気なら本気で応援します! だから頑張れ!』

おすすめ記事ピックアップ

38歳Cさん、独立の悩み今さら結婚する気なんてさらさら無いCさんが抱いている夢…それは自分の理想とする訪問看護ステーションを作ること! 独立成功を果たすためCさんは日々頑張っていますが、資金の問題や周囲からの反対の声が行く手を阻みます。さぁCさんは夢の実現に向け、これからどうしていくのでしょう?

親とは少しでも距離のある生活を親の介護問題に直面している方、自分一人で悩みを抱え込んでいませんか? ここでは、同じく親の事で悩んでいる30代女性が、親子として良い関係を保ちながら介護していくための秘訣をお伝えしています。デイサービスやショートステイなど、公的支援サービスに頼る方法も紹介中です。あなたの悩みが軽くなるヒントを、ここで見つけてみませんか?

まだ体力はあります!30代女性の体力を甘く見るべからず!特に、子育て世代の女性は体力なしではやっていけないので、皆さんが思っている以上にたくましいんですよ! 趣味を楽しむ体力だってもちろんありますし、転職するパワーもみなぎっています。そんな30代女性の力強い一面をぜひご覧あれ。

助産師になりました!過去に外科での看護経験しか積んでこなかった32歳のナースが、産婦人科への部署移動をきっかけに助産師になることを一大決心します。なぜ彼女は大変な想いをしてまで、助産師を目指すことにしたのでしょう?そして30歳過ぎてからの挑戦は無事成功するのでしょうか?気になる彼女の奮闘振り、一緒に見ていくことにしましょう。