30代後半女性へ知っていて損はない婚活の注意点をお伝えします!

みんな悩んでいる!30代

みんな悩みをどう解決した?

30代って実は楽しい!

30代で輝く女性たち

婚活の注意点

婚活の注意点

婚活サイトは150人に一人と思え!

37歳Aです。前章では悩みを吐露しちゃいましたが、ここでは婚活の秘訣!?というか体験談をお話ししていきます。

結婚を夢見ている女性の中には、婚活サイトに登録して、出会いを積極的に作ろうとしている方もおられることでしょう。私のように40代がすぐそこまで迫ってきていて、それでも結婚を諦めきれないでいる女性は特に意欲的に活動されているかもしれませんね。
私ですか?私ももちろん、40代までにはいい出会いがあると信じながら婚活サイトをチェックしてますよ。まぁでも、正直なところ、「この人すごく素敵!」と思える男性とはなかなか出逢えないでいます。最初は男性を紹介してもらえる前はすごくドキドキして、反対に紹介してもらったあとはガックリと肩を落としていましたが、最近は最初から変に期待しなくなりました。
「婚活サイトを利用している人で自分にピッタリの人なんて、100人に一人、いや150人に一人くらいしかいないのよ!だから時間がかかっても諦めずに出会いを求め続けよう!」って。そう思えるようになってからは、気分もだいぶ軽くなりましたよ。「下手に期待しすぎない」それが私が最もアドバイスしたい婚活の注意点です!

街婚は地域がポイント

「街婚」という言葉をご存知ですか?
「何それ?」という方のためにざっくり説明しますと地方自治体が中心となり婚活を支援、さまざまなイベントを開催してくれるというものです。特に田舎の市町村など、お嫁さんとなる女性を積極的に他の地方から迎え入れたい地域では、町婚に力を入れているところが多いようですね。私、3回ほど街婚とよばれるものに参加したことがあるんですけど、開催される地域によって、男性の印象やイベントの楽しさがかなり違いました。都心のパーティーはちょっと合コン的でした。郊外の方が結婚を考えている人もいたような・・・まぁでも、その場その場の婚活パーティを楽しめるかどうかは人によって違いますからね。私がはずれと思ったパーティも人によっては当たりだったかもしれません。本気で結婚を考えている人が集まっているかどうかは口コミなんかも参考にしてください。
あ、街婚に参加する上で大切なポイントがあります。いい出会いがあった場合、その地域に移り住んでもいいかな?ということを一度冷静に考えておいたほうがいいということ。参加する前に必ず、自分の気持ちを確認しておいてくださいね。

友人の紹介には注意

「身近な人に誰かを紹介してもらうのが一番手っ取り早い!」と考え、周りの友達に「とにかく誰か紹介して!」とお願いしている方はいらっしゃいませんか?
かくいう私も、つい最近まで友達を捕まえては、周りにいい人がいないかと尋ねまくっている状態でした。
でも、出会いの方法としてはあまりいいものではないな、と最近は思っています。
たとえ友達がすごくいい人でも、その友達がいい人であるとは限らないということを身を持って感じるようになったからです。
「え~、この人とは付き合いたくない!」
と直感的に思ったとしても紹介してもらった手前、なかなか交際を断りづらいんですよね。友達の顔をつぶさないためにも、友人から紹介してもらうのは極力控えるようになりました。
紹介するほうも、その後、その人と微妙な空気になっちゃうみたいで、悪いことしたなって気もします。
友達が私の好みの人を紹介してくれても、その相手が私を気に入るかわからないですしね。友達から私に断りを言わせるのも悪いかもって今は思います。 でも、出会いは大切なので、するなら「友達の友達」とか「友達がちょっと知っている人」くらいの距離のある人がいいですよ。

おすすめ記事ピックアップ

38歳Cさん、独立の悩み今さら結婚する気なんてさらさら無いCさんが抱いている夢…それは自分の理想とする訪問看護ステーションを作ること! 独立成功を果たすためCさんは日々頑張っていますが、資金の問題や周囲からの反対の声が行く手を阻みます。さぁCさんは夢の実現に向け、これからどうしていくのでしょう?

親とは少しでも距離のある生活を親の介護問題に直面している方、自分一人で悩みを抱え込んでいませんか? ここでは、同じく親の事で悩んでいる30代女性が、親子として良い関係を保ちながら介護していくための秘訣をお伝えしています。デイサービスやショートステイなど、公的支援サービスに頼る方法も紹介中です。あなたの悩みが軽くなるヒントを、ここで見つけてみませんか?

まだ体力はあります!30代女性の体力を甘く見るべからず!特に、子育て世代の女性は体力なしではやっていけないので、皆さんが思っている以上にたくましいんですよ! 趣味を楽しむ体力だってもちろんありますし、転職するパワーもみなぎっています。そんな30代女性の力強い一面をぜひご覧あれ。

助産師になりました!過去に外科での看護経験しか積んでこなかった32歳のナースが、産婦人科への部署移動をきっかけに助産師になることを一大決心します。なぜ彼女は大変な想いをしてまで、助産師を目指すことにしたのでしょう?そして30歳過ぎてからの挑戦は無事成功するのでしょうか?気になる彼女の奮闘振り、一緒に見ていくことにしましょう。