一日でも早く運命の人にめぐり合いたい!37歳Aさん、婚活の悩み

みんな悩んでいる!30代

みんな悩みをどう解決した?

30代って実は楽しい!

30代で輝く女性たち

37歳Aさん、婚活の悩み

37歳Aさん、婚活の悩み

11年目の失恋

「うそでしょ・・・」
まさにこの一言につきるような出来事を2年前に経験しました。何を経験したかって? 失恋ですよ、失恋! 20代のそれとはダメージが全然違うんですからっ!
11年も付き合ってきた彼氏にですよ?
「やっぱりお前とは合わないかも」
という理由で一方的に別れを告げられるというね。
11年も付き合って今さら「合わない」ってなんだよ! どうせ振るならもっと早い段階で決断しろって言うの!
私・・・
私・・・・・・・・・
もう35歳になっちゃったじゃんかよ~~~!!!
と、私完全に壊れちゃいましたね、あの時は。
しばらくは恋なんてしないとも思いましたよ。男性不信になりかけていましたしね。でも、周りの友達が結婚して幸せな生活を送っているのを見たら、やっぱりパートナーが欲しい! って思うようになってきて。それで、1年半くらい前からかな?婚活をするようになったんです。

いい人にめぐり合えない

婚活をしようと思ってからは、結構積極的に出会いを求めている私。職場の仲間や友達に「誰かいい人がいたら紹介して?」とお願いしてみたり、年下の子が開いてくれる飲み会(私にとっては合コン)にも勇気を出していってみたり(結果は聞かないで(泣))、婚活サイトに登録して色んなイベントに参加したり、本当に涙ぐましい努力をしているんですよ!
でも、
それでも、
いい人にめぐり合えないんです。これがいわゆる婚活の悩みというやつでしょうか?
別に高望みしているわけではないんですよ。だって言いたくないけど私、もう37歳。相手に贅沢を言えるような立場では全くもってありませんから。元々面食いじゃないから相手の顔が多少ブサイクでも大丈夫だし、収入だってさほど気にしないし、結婚して遠方の土地に行くことだって構わないし。
なのになぜ、運命の人に出逢えないでいるの~! 40歳までにはシングルライフを終わりにしたいのに。最近、焦りばかりが募ります。

周囲からのプレッシャー

私がこれほどまでに婚活の悩みを抱えているのには訳があります。
それは、親や兄弟、友達からの「結婚はまだなの?」攻撃がハンパないからです。
「私が結婚しようがしまいが、私の自由でしょ?」
と強く言い返したい気持ちをぐっとこらえて、さらりと受け流すようなそぶりをしています。
でも、心の中は超イライラ。ほんと、ほっといて欲しい!って思ってしまいます。
多分、アラフォー世代の独身女性は同じような経験をされているんじゃないかな?
結婚ばかりは一人でできるものじゃないのにですね。もうちょっと温かい目でアラフォー独身女性を見守っていただきたいものです。

『37歳Aさんへ
11年目、35歳で破局とかって本当につらいですね。ほんと、結婚する気がない男は、もっと早く言えよっ! って感じですね(怒)
恋愛って20代ほど頻繁にできなくなるのってあるようですね。いいなって人は、すでに結婚していたりして。
でも、婚活の悩みを解決するために、とにかく前向きで過ごしましょう。ネガティブな空気は周囲に伝わっちゃいます。
結婚を考えて欲しいならなおさら、一緒にいてほっとできる人がきっとお互いに欲しいはず。
あなたのために、どこかで出会いを待っている人がいる! そう信じて、自分を磨くべし!! 応援してます!!』

おすすめ記事ピックアップ

38歳Cさん、独立の悩み今さら結婚する気なんてさらさら無いCさんが抱いている夢…それは自分の理想とする訪問看護ステーションを作ること! 独立成功を果たすためCさんは日々頑張っていますが、資金の問題や周囲からの反対の声が行く手を阻みます。さぁCさんは夢の実現に向け、これからどうしていくのでしょう?

親とは少しでも距離のある生活を親の介護問題に直面している方、自分一人で悩みを抱え込んでいませんか? ここでは、同じく親の事で悩んでいる30代女性が、親子として良い関係を保ちながら介護していくための秘訣をお伝えしています。デイサービスやショートステイなど、公的支援サービスに頼る方法も紹介中です。あなたの悩みが軽くなるヒントを、ここで見つけてみませんか?

まだ体力はあります!30代女性の体力を甘く見るべからず!特に、子育て世代の女性は体力なしではやっていけないので、皆さんが思っている以上にたくましいんですよ! 趣味を楽しむ体力だってもちろんありますし、転職するパワーもみなぎっています。そんな30代女性の力強い一面をぜひご覧あれ。

助産師になりました!過去に外科での看護経験しか積んでこなかった32歳のナースが、産婦人科への部署移動をきっかけに助産師になることを一大決心します。なぜ彼女は大変な想いをしてまで、助産師を目指すことにしたのでしょう?そして30歳過ぎてからの挑戦は無事成功するのでしょうか?気になる彼女の奮闘振り、一緒に見ていくことにしましょう。