30代の女性は、しがらみから抜けて楽になるチャンス!?

みんな悩んでいる!30代

みんな悩みをどう解決した?

30代って実は楽しい!

30代で輝く女性たち

余計なしがらみが抜ける

余計なしがらみが抜ける

20代ほど男性に媚びないよさが出てくる

誰かと比べては、「もっときれいになりたい」とか「もっとモテるようになりたい」と思っていた20代とはうって変わり、30代の頃は、「どうすればもっと自分は輝けるのか?」「どうすれば自分はもっと成長できるのか?」ということばかり考えていい年齢。
出会いの場でもそうです。若い頃は、男性の気を引きたくて素敵な女子を演出しまくっていましたが、三十路を迎えてからはありのままの私を受け入れてくれる男性にだけ分かってもらえればいいや。くらいの軽い気持ちで合コンに参加していましたね。
その「媚びない感じ」が功を奏したのかどうかはよくわかりませんが、20代のころより30代のころの方が断然モテました。20代の頃の自分には、変に自分を飾らないで、ありのままの自分を出していきなさい!と言いたいですね。
自分らしい人生、バンザイ!!

自分の立ち位置が明確になる

結婚して家庭に入るのか、それともこのまま仕事を続けていくのか、将来のビジョンが全く見えない20代女性と比べると、30代女性って自分の立ち位置がしっかりしていますよね! 例えば結婚してお子さんをお持ちの方でしたら、お子さんの成長を嬉しく感じながら日々ママとして元気に活躍されているでしょうし、結婚はせずに仕事を頑張ってきたという方でしたら、ひょっとすると管理職に就いて、リーダーとして力を発揮されているかもしれませんね。

活躍するフィールドは人によって違いがあれど、30代の女性は何らかの役割をもって生活を送っている人が多いです。
自分にしかない役割を持つ女性はとにかく強いですよ!なぜ強いのか・・・、おそらく余計なしがらみが抜けるからでしょうね。
悩みがあると、他の生き方がよく見えるときもありますが、30代になれば、どの場所にいようとも、それなりの悩みがあることにも気付きませんか? どこがよくて、どこがわるいなんてないんです。自分の場所で、自分らしい幸せを見つけることに力を注いでください!30代女性は自分の役割を全うするために、迷うことなく前進あるのみです!

親が完璧じゃない存在だと受け入れられる

「親だって人間、いつも完璧なわけではない」そんな風に思えるようになったのは、30代の半ばくらいからですかね。
若いときは、親が理不尽なことを言ったり、酔っ払ってバカ騒ぎしていたら、ものすごく腹が立っていたんです。親ならもっとしっかりして!と。
でも両親が歳をとってくると共に、親に常に立派でいて欲しいと思う気持ちが少なくなってきました。
むしろ、親に完璧を求めすぎていた自分が子どもだったなぁとさえ思うようになってきたのです。
親だって間違いを犯す人間、そう思えるようになってからは両親に優しく接することができるようになりましたね。
親子仲も昔に比べるとずいぶんと良くなりましたよ。まぁ、お互い歳をとった、ということですかね(笑)
親が外の社会に出ていないと、両親が互いのぐちをこぼしたりすることもおおいかもしれません。そんな時、私は解決法を見つけました。家の中以外のことを話させること。でも、外とのつながりなんてない、という場合は、是非、親が若かった頃の話をどんどん聞いてみてください。思い出を語るうちに親もきらきらしてきますし、子供としても知らなかった親の一面を知れて、グチを聞くよりずっと楽しいですよ!

おすすめ記事ピックアップ

38歳Cさん、独立の悩み今さら結婚する気なんてさらさら無いCさんが抱いている夢…それは自分の理想とする訪問看護ステーションを作ること! 独立成功を果たすためCさんは日々頑張っていますが、資金の問題や周囲からの反対の声が行く手を阻みます。さぁCさんは夢の実現に向け、これからどうしていくのでしょう?

親とは少しでも距離のある生活を親の介護問題に直面している方、自分一人で悩みを抱え込んでいませんか? ここでは、同じく親の事で悩んでいる30代女性が、親子として良い関係を保ちながら介護していくための秘訣をお伝えしています。デイサービスやショートステイなど、公的支援サービスに頼る方法も紹介中です。あなたの悩みが軽くなるヒントを、ここで見つけてみませんか?

まだ体力はあります!30代女性の体力を甘く見るべからず!特に、子育て世代の女性は体力なしではやっていけないので、皆さんが思っている以上にたくましいんですよ! 趣味を楽しむ体力だってもちろんありますし、転職するパワーもみなぎっています。そんな30代女性の力強い一面をぜひご覧あれ。

助産師になりました!過去に外科での看護経験しか積んでこなかった32歳のナースが、産婦人科への部署移動をきっかけに助産師になることを一大決心します。なぜ彼女は大変な想いをしてまで、助産師を目指すことにしたのでしょう?そして30歳過ぎてからの挑戦は無事成功するのでしょうか?気になる彼女の奮闘振り、一緒に見ていくことにしましょう。