30代は自分のことがはっきりわかってくるからすごく楽しい!

みんな悩んでいる!30代

みんな悩みをどう解決した?

30代って実は楽しい!

30代で輝く女性たち

自分のことがはっきりわかってくる

自分のことがはっきりわかってくる

好きなものだけが残ってくる

前章まで悩みのお話しだったので、20代の方は、30代になることに対しすごくマイナスなイメージを抱かれているかもしれませんね。なんだかすごく歳をとるような感じがして・・・。でも、実は30代ってすごく素敵な年代なんですよ!

なぜそんなことが言えるのかというと、自分のことがはっきりわかってくる年代がまさに30代だから♪
例えば趣味、20代の頃は周りにただ流されて好きでもないことに時間とお金を費やしてきたという方も、30代になれば自分が好きな事が明確になってきます。本当に自分が好きな事に情熱を注げるようになれるから、充実感も倍増しますよね。
あと人間関係も洗練されるとでも言いましょうか、本当に大切な人だけが自分の周りに残るようになります。それこそ、一生付き合える人だけがそばにいるという感じです。
好きなものや好きな人がはっきりと分かってくる、どんどん自分らしい自分になっていける30代だからこそ、毎日がすごく充実していて楽しいんですよ!

客観的に自分の感情を見ることができるようになる

20代の時って一応大人ではあるけど、社会人としてはまだまだ半人前。たとえ仕事で失敗して泣いたとしても、いやなことがあって感情をあらわにしたとしても、「まだ若いしね」と多めに見られることもあったことでしょう。
でも30代は違います。30代でそんなことをしていたら、「いい大人がみっともない」で片付けられてしまうのです。本人としても、そんな醜態はあまり人に見られたくはないでしょう。
とはいえ、「いい大人」と言われるような年齢になったからといって、つらいことや悲しいことがないわけではありません。むしろ、仕事面では責任ある役をまかされ、今まで以上に歯をくいしばるような場面も出てくることでしょう。大変ですよね・・・。
でも、30代には20代にはない「経験」があるから大丈夫!
「こういうときには、あのときのような方法で乗り越えればいい!」「ここで怒ったら場の雰囲気を乱してしまうから今はこらえよう」など、ベストな解決法を自分の経験を元に導いてくることができるのですよ。自分を自分でコントロールできるようになるなんて、まさに「大人の女性」ですね♪

20代より周りの立場が見えてくる

若いときって、自分が抱えている仕事でいっぱいいっぱいで、周りの人がどんな状況下にあるのかなんて、考える余裕なんてなかったと思います。 でも自分のことがはっきりとわかってくる30代は、周りにも気を配ることができるようになってきます。
例えば、後輩が仕事を回しきれずに困惑しているからサポートしようかなとか、上司は今忙しそうだから相談はあとにしようかなとか。人によって気を配ることのできるシーンは違いますので、あなたらしい心遣いをしていけば、自ずとあなたに適したポジションが確立されていくと思いますよ!

感情的になる前に、ちょっとリラックス。ほら、我慢じゃない。大人のあなたがいませんか?
大人の女性の振る舞いができたら、休日にはおもいっきり自分にご褒美もあげられる、それが大人の女性のたのしみってもんです。

自分のことが好きになれるような動きを身に着けて、ワンランクアップした自分にきっと出会えますよ!

おすすめ記事ピックアップ

38歳Cさん、独立の悩み今さら結婚する気なんてさらさら無いCさんが抱いている夢…それは自分の理想とする訪問看護ステーションを作ること! 独立成功を果たすためCさんは日々頑張っていますが、資金の問題や周囲からの反対の声が行く手を阻みます。さぁCさんは夢の実現に向け、これからどうしていくのでしょう?

親とは少しでも距離のある生活を親の介護問題に直面している方、自分一人で悩みを抱え込んでいませんか? ここでは、同じく親の事で悩んでいる30代女性が、親子として良い関係を保ちながら介護していくための秘訣をお伝えしています。デイサービスやショートステイなど、公的支援サービスに頼る方法も紹介中です。あなたの悩みが軽くなるヒントを、ここで見つけてみませんか?

まだ体力はあります!30代女性の体力を甘く見るべからず!特に、子育て世代の女性は体力なしではやっていけないので、皆さんが思っている以上にたくましいんですよ! 趣味を楽しむ体力だってもちろんありますし、転職するパワーもみなぎっています。そんな30代女性の力強い一面をぜひご覧あれ。

助産師になりました!過去に外科での看護経験しか積んでこなかった32歳のナースが、産婦人科への部署移動をきっかけに助産師になることを一大決心します。なぜ彼女は大変な想いをしてまで、助産師を目指すことにしたのでしょう?そして30歳過ぎてからの挑戦は無事成功するのでしょうか?気になる彼女の奮闘振り、一緒に見ていくことにしましょう。